かき氷を食べて優雅な花火鑑賞 in 立川・昭和記念公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月29日、立川市にある国立昭和記念公園にて花火大会が行われました。
IJSは、「かき氷を食べて優雅な花火鑑賞 in 立川・昭和記念公園」と銘打ち「浴衣」と「かき氷」を用意してイベントを開催いたしました。


留学生たちは、それぞれ好みの浴衣を選んで、着付けをしていただきました。
艶やかな着物を着て、皆さん大喜びで大変満足された様子です。



着付けしていただいた先生と留学生との交流も行われ、また、留学生同士とも交流を深められたようです。

この日やあいにくの雨でした。しかも降雨量がだんだん多くなってきました、それでも、強硬に花火大会が行われ、花火の打ち上げ時は相当激しい雨になりました。浴衣を着ての花火鑑賞で、傘をさしてもびしょ濡れとなり、大変な思いで花火を見ました。それでも、きっと思い出深い花火大会となった事と思います。
激しい雨の中での花火大会の開催は珍しく、雨雲に花火の光が映り、通常では撮れない写真を撮影する事ができました。



花火大会もどうにか無事に終了いたしました。
来年もまた浴衣で花火大会を企画したいですね。今度は晴れた日に・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*